足痩せにウォーキング。趣味で始めた散歩が美容法に。

世の中、美しくなりたいと願ってる人が多くなりました。いや、これは遥か昔からの女性の願いだったのかもしれません。でも、今は違います。男性だって、美しくなりたい。
だからと言って、別に私は常日頃から美への憧れを抱いているわけじゃない。この美容法も、実ははなっから美しくなりたくてやったことじゃないのです。
前置きはこのくらいにしておいて、さて、本題です。私が体験した美容法とは、足痩せです。これはけっこう気になるお方もいるのではないでしょうか。
もともと私は足が太かった。小学生くらいまではけっこう気にしていましたが、大きくなるにつれて、それほどでもなくなりました。どうやら息子は私に似てしまったようで、かなり足が太い。
美容法と言えるかどうか、ちょっと不安になりました。なぜなら、それは単なる散歩、ウォーキングだからです。これは最近身についた私の趣味なのです。
ウォーキングが身体にいいという情報は、テレビや雑誌で知りました。ちょっと足腰を鍛えてやろう、そう考えたのが始まりです。仕事への行き帰りを、自転車を止めて歩きにしたのです。
散歩は好きです。毎日違う道を変えて仕事へ行く。まわりの風景を見ながら、心に変化をつける。これがたまらなく、いいんです。
半年後、私の太かった足は、気づかないうちにほっそりとしました。けっして美脚とまでは言えないまでも、痩せたのは事実です。まわりからもよく言われます。「痩せたね。どこか悪いんじゃないの」と。
足痩せにウォーキング。これはいいです。