手作り化粧水のローションパックで乾燥肌対策

私は以前から乾燥肌だったのです。

特に最近、顔の肌の乾燥がひどくなり、自分で無添加の化粧水を作って使うようになりました。

手作りローションは、友人から教えてもらったレシピと、ネットで検索して調べたレシピを組み合わせ、私なりに作っています。

手作りローション、とっても簡単にできるんです。

自分でローションを作るなんて面倒なんじゃないかと思っていましたが、とっても簡単にできるんです。

 

私のローションに必要なのは、精製水とグリセリン、好みのエッセンシャルオイルだけです。

肌のコンディションや使用目的によって、ほかにもいろんな材料を加えることもできるみたいですが、私が使うのはベーシックな材料だけ。

保湿効果が高まるよう、精製水にグリセリンを少し多めに入れ、香り成分のエッセンシャルオイルを数滴たらし、あとはかきまぜれば完成です。

 

煮沸消毒した容器、数本に入れて、すぐに使わないローションのボトルは、出番が来るまで冷蔵庫で保管しておきます。

一回で作る分量は、約1ヶ月で使い切ります。

、肌の状態は徐々に改善されているみたい

私は朝晩の洗顔後に、このローションをコットンに浸し、5分くらい顔にパックします。

材料費も安いので、ケチることなくたっぷりとコットンに浸しています。

 

これを始めてまだ3ヶ月ほどですが、肌の状態は徐々に改善されているみたいです。

余分な化学薬品や防腐剤が入っていないのがいいのかもしれません。

 

そのうち、もう少しステップアップして、美白に効くとか、アンチエイジングになる、というような化粧品や美容液作りも試してみたいなって思っています。