新しいメカニズムのシミ消し、メコゾームブライトニングフォーミュラ

40代前半の女性です。左側の頬骨の上に、老人性色素班というシミがあります。

右側の同じ場所にあったシミをレーザーで消しました。レーザーでシミを消す施術をするまでは、シミ消しクリームを塗ったり、シミに効くと言われる、市販のビタミン剤を飲んだりしていました。

具体的な商品名は、ケシミンクリーム、チョコラBB、です。

「メコゾームブライトニングフォーミュラ」という商品は、聞いたことがありませんでした。

サイトを読みましたが、正直今まで、クリームでシミが治った経験がないので、本当にクリームを塗るだけで治るのかな、と少し疑念があります。

ただ、メコゾームブライトニングフォーミュラのシミを消すメカニズムには惹かれます。古くなったり傷ついたりした細胞だけに働きかけ、除去してくれる、という部分です。

シミ対策クリームは、大抵メラニンの生成を抑えるとか、血行を良くするとか、美白成分で白くする、いうことが主な効能なので、特定の細胞だけに働きかけると言うのは、新しい技術なのかな、という期待感を抱きました。

今まで聞いたことがないメカニズムなので、一度試してみたいという気持ちにはなりますが、購入はしないとおもいます。

なぜなら、効き目があらわれてくる時期に、個人差があるようで、数年も使い続けなければならないなら、レーザーの方が安上がりだからです。

シミと一言で言っても、種類は色々。

「メコゾームブライトニングフォーミュラ」は、どういう種類のシミに最も効果的なのか、確かにレーザーの代用として通用するのか、いうことがもっとはっきり分かれば、説得力が増すのに、と思いました。