アコムとプロミスをはしごして、消費者金融からお金を借りた理由

母の母、つまり祖母が、もしものときにすぐに駆けつけて欲しいと頼まれ、祖母宅から近い私に、母が現金50万円を預けました。

母は、結婚後に父のUターンで新潟に引越し、祖母は静岡にいます。

私が神奈川と隣県なので、そういうことになったのですが、こともあろうに、私はその50万円を使いこんでしまったのです。

お金を使いこんだ時に、祖母が入院

昨年、祖母が階段から落ち、骨折で入院しました。

もちろんすぐに駆けつけましたが、久々に会った祖母はボケが始まっていて驚きました。

退院後は下の世話も必要なほど弱り、母の姉が一緒に暮らして介護しています。

いよいよ祖母の「もしものとき」が近いと思いました。

使いこんだお金を工面するために止む無く消費者金融で借金

使いこんでしまったお金をどうにかしようと、仕事を探しましたが、働いても毎日の暮らしでいっぱいでなかなか貯まりません。

内職的なこともしていますが、50万にはほど遠いのです。

母には言えず、父にも、もちろん頼れません。

とにかく、50万円を戻しておかなければと、消費者金融やカードローンにお願いすることにしました。

消費者金融を調べたのはインターネット

その消費者金融やカードローンを知ったきっかけはインターネットの比較サイトです。

どこが借りやすく金利が低いかを調べるために比較しましした。

比較サイトから簡単に申し込めるとあって、クリックしたことはありますが、結局は駅前のアコムとプロミスを訪れました。

金融会社の比較サイトは便利ですが、情報が漏れたら怖いなという印象を持ってしまい、サイトからは申し込めませんでした。

最終的には、アコムとプロミスから30万円ずつお金を借りることができました。

50万円の補てんと、しばらくの返済金を調達することができましたが、結局は借金を増やしただけのことで、今は毎月の返済に苦しんでいます。

早く返して、もう借りないようにしたいと思っています。