ローションパックでセルフエステをしています

市販のパックというのは高価なものが多いのですが、その価格にあっただけの効果を期待できるのか甚だ疑問でした。
効果がないとは思っていないのですが、要するに高過ぎるということです。
最近、私がよくやるパックはローションパックです。
これは美容アドバイザーの佐伯チズさんが提案した有名なお肌のお手入れテクニックです。
まず、水でぬらして絞ったコットンに化粧水をたっぷりと含ませます。
化粧水の量は、500円玉の大きさに広がるくらいの量です。
そのコットンを4〜5枚に薄く裂きます。
パッティングをするわけではないので、コットンの厚みがなくても大丈夫なんですね。
裂いたコットンを、パックの要領で頬や額やあごにのせて3分間置いておきます。
3分以上そのままにしておくと、コットンが乾燥して化粧水のせいぶんがコットンへ逆戻りしてしまうので、
その点は注意しましょう。
朝の忙しい時間でも、これくらいのお手入れだったら毎日続けることができます。
化粧水はなんでもいいそうですが、私はちふれの美容液で代用していました。
ちふれの美容液は1,000円以下でリーズナブルなので、化粧水代わりに使っています。
このパックをすると、お化粧のノリや持ちがぜんぜん違います。
特に冬場は保湿成分がしっかり内部まで浸透するせいか、しっとりした感じが長く続きます。
夏場はさっぱりと、化粧水でパックして日焼けした肌を休ませるようにしています。
美容に興味のある女性たちには定番のローションパックですが、美容液でやるというのが私流のアレンジです。