足湯で血行を促進して足のむくみををとろう

女性で足のむくみに悩んでいる人は多くいます。
立ち仕事の人はもちろん、ずっと座って作業をしている人も全身の血行が悪くなって足がぱんぱんにむくんでしまうのです。
私も足のむくみをとるために寝る時に足を高くして寝てみたのですが、朝になる今度は顔がむくんでしまって失敗しました。
そんな時に足のむくみには足湯がいいと雑誌やテレビで見かけたので、ためしにやってみたらなかなかよい感じでした。
温泉などでよく見かける足湯ですが、自宅でも簡単できます。
まず大きめの洗面器にお風呂の湯加減ぐらいのお湯を入れます。
後は足を拭くためのタオルを用意すれば準備はおしまいです。
洗面器に素足を入れて約15分、雑誌を読んだり飲み物を飲んだりしてリラックスしているうちに終わります。
お風呂場でする人もいるようですが、私は部屋でやっちゃいます。
たった15分だけでも、終わった後は全身がほかほかになり、足のむくみもとれてかなり楽になりました。
足を浸けてる間にお湯が冷めた時は差し湯をしますが、それが面倒な人には足湯用の電気器具もあります。
それならさらに手間はかかりませんが、私の場合は洗面器で充分でした。
足湯の後にかかとなどの角質ケアを行えばさらに完璧です。
足元のケアってつい忘れがちなるのですが、足湯をすると足元へ意識が集中するのできちんとお手入れするようになります。
フットバス用のバスソルトを入れると、肌の引き締め効果もあるらしいので利用しています。
最後に水分を拭き取ってからボディ用乳液を塗れば足元のケアも完璧です。