頬にできたシミに悩み、フォトフェイシャルを体験してみました。

 20代後半頃から、顔の右頬に約1センチ四方のやや濃いめのシミができ、化粧をしても隠しきれずに結構目立つので、かなりのコンプレックスになっていました。都内で勤めていたある日、雑誌等で広告でよく目にする「フォトフェイシャル」に興味を持ち、思い切って試してみることにしました。広告やネットの口コミを頼りに、当時の勤務地にほど近い銀座の美容皮膚科を見つけ、電話予約の上、カウンセリングに訪れ、5回コースの施術を申し込みました。
 施術の当日は、夕方の会社帰りに美容皮膚科へ行き、受付の後、指示に従い洗面所でメイクを落としました。暫く待つと施術の部屋へ呼ばれ、施術台の上へ仰向けになって目の保護の為の目隠しのようなものを被せられました。そして、顔全体にジェルのようなものを塗られ、施術が始まると、パチッという音と共に、痛みというほどではない軽い衝撃を肌に感じました。全部で30回くらい、顔全体にそのパチッという衝撃を受けると、終了でした。施術の間は、もうちょっと丁寧に、隙間なくやって貰いたいなあ、などと考えていましたが、言い出せず、初回は終了しました。
 約3週間ほどの間隔を開けて、合計5回施術を受けたわけですが、5回のコースが終わろうかという頃、「あれ、もしかして、肌の調子がいいかも。でも、シミはあまり変わってないなあ。」と感じました。そして、コースを終了した後は、残念ながらあっという間に施術前の状態に戻ってしまいました。
 自分でも効果があったかどうか、はっきりわからないほどでしたので、当然、周りからも誰も気が付かれませんでした。
 思うに、フォトフェイシャルはきっと、継続すればどんどん効果が上がるのだと思います。しかし、施術は高額なので、私にはずっと続けることは無理だと思い、その5回のコース終了後は、一度も行なっていません。もしこの先、宝くじでも当たったら、またやってみたいかな、と思います。